おいでやす京都-OIDEYASU KYOTO-
  • ホーム
  • 目的・概要
  • 観光
  • 寺社仏閣
  • 観光施設
  • お土産
  • 京都の祭り
  • 交通
  • 観光プラン
  • お問い合せ

寺社仏閣
醍醐寺
醍醐寺 ■創建:874年(貞観16年)
■創建者:聖宝
■本尊:薬師如来
■宗派:真言宗醍醐派
■住所:京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
■電話番号:075-571-0002
■開閉時間:
3月~12月 9時~17時
12月~2月 9時~16時
■公式HP:http://www.daigoji.or.jp/
醍醐寺は、1994年(平成6年)12月に世界文化遺産に登録された真言宗醍醐派総本山の寺院である。
874年(貞観16年)、聖宝理源大師が上醍醐山上で地主横尾明神の示現により、小堂宇を建立した。
醍醐寺には、歴史的な古書、彫刻、絵画、工芸が15万点余りあり、そのうちおよそ7万点は国宝・重文に指定され、毎年その一部が春夏秋冬で展示替えが行われて霊宝館で公開されている。
醍醐寺のシンボルとなっている国宝の五重塔は、醍醐天皇の冥福を祈るために、朱雀天皇が起工し、村上天皇の951年(天暦5年)に完成した。また、府内最古の木造建築である。
豊臣秀吉による「醍醐の花見」が行われた地としても知られ、春には花見客で賑わい、秋には紅葉で賑わう。
毎年2月23日に五大力尊仁王会、8月5日に醍醐山万灯会など、四期にわたりたくさんの行事が行われている。
醍醐寺 醍醐寺
醍醐寺