おいでやす京都-OIDEYASU KYOTO-
  • ホーム
  • 目的・概要
  • 観光
  • 寺社仏閣
  • 観光施設
  • お土産
  • 京都の祭り
  • 交通
  • 観光プラン
  • お問い合せ

寺社仏閣
実相院(じっそういん)


  • 建立:1229年
  • 本尊:不動明王
  • 住所:京都市左京区岩倉上蔵町121
    電話番号:075-781-5464
  •  開閉時間:9:00~17:00
  • 料金:高校生以上 500円
         中学生以下 250円
          未就学児無料
    公式HP:http://www.jissoin.com/

実相院は元天台宗の寺門派の単立寺院で鎌倉時代の寛喜元年(1229年)、静基僧正により開基されました。当初は現在の京都市北区紫野にあったのですが、京都御所の近く、そして現在の岩倉へと移転してきました。理由は応仁の乱を避けての移転であるとされています。
岩倉具視もここを借りて住んでいたことがあり、池の前の部屋で密談をした様子などが記された日記もたくさん残っています。その他にも幕末の倒幕・佐幕両派と繋がりがあったと言われています。
ここには庭園があり池泉回遊式庭園と枯山水の石庭の2つがあります。
前者の池には日本では珍しくなったモリアオガエルが生息しています。そのためお土産などではカエルをかたどったものが売られています。
裏山の景色と溶け込んだ日々表情を変える素晴らしい庭で、離宮などに多くあるようです。枯山水のほうは比叡山をバックに雄大な景色を見ることができます。
 そして実相院に観光客が訪れる理由として大きいのが「床みどり」「床もみじ」という滝の間の黒光りする床に前庭の楓などが映り込むものです。暗がりの室内から滝の間の磨き上げられた床に照る若緑や紅葉色が幻想的な情景になっています。
 
※実相院内へ向けてカメラをとることは出来ません。ご注意ください




実相院にある2つの庭園のうちの1つ枯山水です。
バックの比叡山と相まって素敵な景色を醸し出しています。