おいでやす京都-OIDEYASU KYOTO-
  • ホーム
  • 目的・概要
  • 観光
  • 寺社仏閣
  • 観光施設
  • お土産
  • 京都の祭り
  • 交通
  • 観光プラン
  • お問い合せ

寺社仏閣
車折神社
車折神社 ■創建:1190年頃 ■御祭神:清原頼業公
■住所:京都市右京区嵯峨朝日町23番地
■電話番号:075-861-0039
■社務所受付時間:8:30~17:00
■料金:無料
■アクセス:京都バス「車折神社前」下車
      嵐電(京福電車)「車折神社前駅」下車
御祭神の清原頼業公は平安時代末期の儒学者であり、学業で有名な清原氏の一人。和漢の学識と実務に優れ、朝廷で政治の諮問にあずかり九条兼実から「その才、神というべく尊ぶべし」と評された。死後に清原氏の領地であった現在の社地に廟が設けられ、やがて「宝寿院」という寺となり、天龍寺創建後はその末寺となった。後嵯峨天皇の大堰川遊幸の際に社前で牛車が動かなくなったことから「車折大明神」の神号と正一位の神階を贈られ、以後現在まで「車折神社」と称している。
 頼業公の学徳から学業成就・試験合格にご利益があるとされるが、約束を違えないことを守る神様としても強く信仰されている。そのため金運、恋愛、厄除け、交通安全など様々な願い事に対しても加護を頂くことができる。清めの社に参拝して悪い運気や因縁を浄化したあと、古来より伝わる祈念神石(お札型500円・お守り型700円)を持って参拝すると良く、本殿前には祈念神石で願いが成就した人々がお礼を書いた石が多く積まれている。
 また、境内には天宇受売命(あめのうずめのみこと)を祀る芸能神社がある。天宇受売命は天の岩戸に隠れた天照大御神を演舞によって慰めたことから、芸能・芸術の神様とされる。芸能・芸術のあらゆる分野で活躍する人々から強く信仰され、社の周りには芸名・ペンネーム・劇団名・グループ名などを記した朱塗りの玉垣がずらりと並んでいる。有名な芸人・歌手・俳優・声優などの名前も多くあるため、参拝後に探してみるのも一つの楽しみ方である。
表参道

バス停「車折神社前」近くの大鳥居

石鳥居

表参道
正面に本殿、右に芸能神社、左に清少納言社

本殿の隣(裏参道側)の清めの社

嵐電「車折神社前駅」近くの石鳥居
裏参道へ続く

本殿の隣(裏参道側)の清めの社

芸能神社

芸能神社