おいでやす京都-OIDEYASU KYOTO-
  • ホーム
  • 目的・概要
  • 観光
  • 寺社仏閣
  • 観光施設
  • お土産
  • 京都の祭り
  • 交通
  • 観光プラン
  • お問い合せ

寺社仏閣
壬生寺
壬生寺 ■建立:991年            
■宗派:律宗           
■住所:京都市中京区坊城仏光寺北入る 
■電話:075-841-3381         
■開閉時間:8:30~16:30      
■拝観料:壬生塚と壬生寺歴史資料館のみ
     大人200円 中・高生100円
■HP:http://www.mibudera.com/

壬生寺は991年に快賢僧都によって建立されました。古くからの地蔵信仰のお寺で、1000年以上の歴史があります。御本尊は延命地蔵菩薩像。壬生寺は京都の裏鬼門にあたり、厄除けの寺として親しまれてきました。
 新選組ゆかりの寺であり、境内には局長近藤勇の胸像や池田屋騒動で亡くなった隊士の墓塔、新選組屯所で暗殺された芹沢鴨と平山五郎の墓などがあります。当時の壬生寺境内は新選組の兵法調練場として使われました。隊士らはここで鍛錬を積んだといいます。
毎年7月16日には新選組隊士等慰霊供養祭が行われます。全国各地からたくさんの参拝者や同好会、新選組隊士の子孫らが訪れます。慰霊法要が行われた後、剣技の披露などがあります。
 壬生大念佛狂言、通称壬生狂言も有名です。これは、鎌倉時代、円覚上人が始めたもので、700年以上の歴史があります。演者は仮面をつけ、一切言葉を発さずに身振り手振りで演じるのが特徴です。京都で最初の重要無形民俗文化財に選ばれました。この壬生狂言は新選組隊士らも見たといわれています。