おいでやす京都-OIDEYASU KYOTO-
  • ホーム
  • 目的・概要
  • 観光
  • 寺社仏閣
  • 観光施設
  • お土産
  • 京都の祭り
  • 交通
  • 観光プラン
  • お問い合せ

寺社仏閣
西本願寺
西本願寺 ■建立:1591年(天正19年)
■創建者:顕如
■正式名:龍谷山 本願寺
■本尊:阿弥陀如来
■宗派:浄土真宗本願寺派
■住所:京都府京都市下京区堀川通花屋町下ル門前町60
■電話番号:075-371-5181
■開閉時間:
11月~2月 5時半~17時
3,4,9,10月 5時半~17時半
5月~8月 5時半~18時
■公式HP:http://www.hongwanji.or.jp

西本願寺は、京都市下京区にある仏教寺院で浄土真宗本願寺派の寺である。境内には国宝の阿弥陀堂・御影堂など桃山文化を代表する建造物や庭園が数多く残されていて、1994年には国の史跡に指定され、その年の12月にユネスコの「古都京都の文化財」として文化遺産に登録された。1591年に豊臣秀吉から現在の地を与えられる。重要文化財の御影堂には、親鸞聖人の木像が安置されている。他にも阿弥陀堂が重要文化財に指定されている。
西本願寺 国宝の唐門は、黒塗りに極彩色の四脚門で、牡丹に唐獅子、竹に虎、麒麟に孔雀など数々の彫刻が施されている。
西本願寺 樹齢約400年を誇る天然記念物の大銀杏である。まるで根っこを天に広げたような形から「逆さ銀杏」とも呼ばれ、京都市の天然記念物に指定されている。本願寺に火災があった時、この銀杏から水が噴き出して消し止めたという伝説から、「水吹き銀杏」とも呼ばれ、おもしろスポットとされている。